防犯

ネットワークカメラで防犯|ハラハラ泥棒も対策でOK

音で確かめる

ドア

家の防犯に気を使うなら、防犯砂利をまいておくのも一つの方法です。空き巣が家に侵入する場合、ドアからとは限りません。家の裏から侵入することもあります。そのような事に対応するためには、防犯砂利をまいておくことが大切です。家の裏や周りに防犯砂利をまいておくことで空き巣が住宅の敷地内に侵入してきたことが分かります。防犯砂利にはあらゆる種類がありますが、基本的に音がなるような素材で製造されているものが多いです。ただ、家の周りに防犯砂利をまいておいても空き巣がそれに気づいては意味がありません。そのため、防犯砂利は石のように見えるものが多く住宅の見た目を削がないでまくことが可能です。また、石に似ているものが多いため、庭に巻くことも可能です。

防犯砂利をまくと、ジャリジャリと音がなりそれが防犯として効果を発揮します。ただ、その音が大きすぎると近隣住宅に迷惑になる可能性もあるため普段歩くことの多い箇所には防犯砂利をまかないでおくといいでしょう。あくまで、舗装された敷地内の道から空き巣が侵入してきた際に対応するものではなく、庭や住宅の気づきにくいところ、または舗装されていない道から誰かが侵入してきた際に対応するためのものです。防犯砂利は、とても価格が安いものが多く大量に買っても大きな値段になることはあまりありません。最近では通販サイトから購入することもできるため、どのような防犯砂利がいいか前もって決めておくといいでしょう。防犯砂利によっては安全なガラス製のものもあります。